そろっとうpしてます
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今野緒雪 「マリア様がみてる キラキラまわる」
2007/12/27/ (木) | edit |
今さっき新刊読了。
登場人物紹介のとこで瞳子がリリアン女学園1年生から紅薔薇のつぼみの妹に変わってたのがいいね~
やっとか~って感じで^^
それは置いといてwなんていうか、今回は色んなグループの話を垣間見れてよかったっていうのがまず一言ですかね。
菜々ちゃんが今回遊園地に参加しなかったのは残念でしたけど;まぁそれは仕方ないことなんで
祥子様や祐巳たちのリベンジデートで祥子様が免許とって運転ってとこまでは、前にウチが書いた通りなので、そこまで驚かなかったんですけど、、、、
意外や意外。今まで一番平和だった白薔薇さんとこでいきなり爆弾発言とは!!!?
あんまり急すぎたんでしばらく時間止まりましたよw
私服かわえ~とか帽子?(∩∀` *)なんて思ってる場合ではないんですよ!w
でも乃梨子も察しがいいね。私は理解するのにちょいと時間がかかったよ;
それにしても、お寺のことだけでなく、出生のことまでΣ
改めて志摩子さんの周りの環境が複雑なんだなぁってことが分かりました。
志摩子さん自身はそれが当たり前のことって思ってたみたいだから重く考えてなかったみたいだけど。本人がそう思ってない分、乃梨子は考えちゃうっていうか。。。難しいね;;
でもそれも観覧車の志摩子さんの一言で片付いてしまったのかな?
最後は手つないでたしね( ^ω^)
でも?今回一番大事なことだったような気がしたのに、出番少ねぇよ(ノ-_-)ノ ~┻━┻
って言いたいのですよw
これからは卒業式に向けて話は進んでいくだろうし、この話はこれ以上は膨らまないのかな??
今回の感想は他にも書きたいことたくさんあるけど、コレが一番自分の中でインパクト強かったんでね(元々白薔薇ファミリーが好きだっていう理由も有りw)
次はどんな展開になるのやら、楽しみと不安(そろそろ最終巻か?っていう)でいっぱいです^^

マリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)Bookマリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)


著者:今野 緒雪

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



蔦子さんペアの話もなかなか面白かったです♪
克美さんは地味にサイコーですなw
可南子の通訳もGJ☆
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。